ウナギの赤ちゃん、稚魚までの生存率2倍に 東大が技術
完全養殖実用化へ一歩

2015/7/18付
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 東京大学の金子豊二教授のグループは、人工的にふ化させたニホンウナギの赤ちゃんが、稚魚であるシラスウナギにまで育つ生存率を向上させる技術を開発した。飼育する海水の塩分濃度を下げる実験で、生存率を約2倍に高めた。グループでは企業などと組んで、ニホンウナギの完全養殖の実用化につなげていく。

 現在、ニホンウナギの大半は、沿岸で取ったシラスウナギを養殖して成魚に育てている。だが乱獲などでシラスウナギの減少…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワードで検索

ウナギ完全養殖ニホンウナギシラスウナギ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報