/

山形県で指定廃棄物ゼロに 環境省、濃度低下で解除

環境省は、東京電力福島第1原発事故で発生し、山形県東根市で民間業者が保管していた指定廃棄物の廃プラスチック200キログラムについて、放射性物質の濃度が基準値を下回ったとして指定を解除した。山形県で保管されていた指定廃棄物はゼロになった。

指定解除は13日付で、千葉市、山形県寒河江市に続いて3例目。民間の保管分での解除は全国で初めてとなる。

環境省は昨年4月、1キログラム当たりの放射性物質濃度が8千ベクレル超を下回れば、指定を解除し、通常のごみと同じように処分できるルールを決めた。

環境省によると、焼却灰や稲わらなどの指定廃棄物は、山形県以外に、岩手から静岡までの11都県で計約17万9千トンが一時保管されている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン