/

美浜3号機の運転延長認可 老朽原発2例目

原子力規制委員会は16日、稼働から40年を迎える関西電力美浜原子力発電所3号機(福井県)の運転延長を正式に認可した。東京電力福島第1原発事故後、原発の運転期間は原則40年に制限されたが、認可により最長20年間延長できる。関電は火災対策や耐震化などの工事を進め、2020年春以降に再稼働する計画だ。

稼働40年前後の老朽原発の運転延長が認められるのは、関電高浜1、2号機(同)に次いで2例目となる。規制委は同日の定例会合で、美浜3号機の老朽化による影響を検証した延長審査の合格証となる「審査書」を正式決定した。美浜3号機は稼働から60年となる36年11月末までの運転が認められる。

関電は延長認可を受けて今後、全長1000キロメートルあるケーブルの難燃化や重要機器の耐震化など安全対策工事を進める計画だ。工事には計1650億円を投じる。再稼働は工事完了を予定する20年3月以降になる見通し。

老朽原発の運転延長には、規制委が13年に導入した新規制基準を満たしているかどうかの「安全審査」の合格に加え、設備の詳細な設計を記した「工事計画」の確認、老朽化による影響を調べる「延長審査」の合格の計3つの手続きが必要となる。

関電は原子炉などの劣化状況を自主的に調べる特別点検をした後、15年11月に運転延長を規制委に申請した。規制委は原発内の重要機器が運転延長に耐えられるかどうかを議論した。

安全審査では、想定される最大の地震の揺れが新規制基準により引き上げられたことから、原発内の重要機器の耐震性が焦点となっていた。規制委は安全対策の基本方針が基準を満たしているとして16年10月に安全審査の合格を決定し、「工事計画」についても同月に認可していた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン