3D印刷で血管や神経 佐賀大や京大、複雑な組織を作製

2016/7/16 13:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

将来の再生医療に向けて血管など複雑な形の組織を3Dプリンター技術で作る研究が相次いでいる。佐賀大学はiPS細胞から育てた細胞の塊をチューブ型に組み上げて血管を作った。京都大学は神経を包む筒状の組織を作り、ネズミに移植して神経を再生した。政府の工程表では2020年前後から心臓病などでiPS細胞を使う治療を見込んでおり、体内にある形に近い立体組織を移植する技術の確立を急ぐ。

iPS細胞は目の難病を治…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]