/

この記事は会員限定です

福島第1の凍土壁、3月にも凍結開始 規制委が容認

[有料会員限定]

原子力規制委員会は15日、東京電力が福島第1原子力発電所の汚染水対策として計画する「凍土壁」の稼働を認める方針を示した。東電は3月にも凍結を始める見通し。規制委は地下水の流れや水位が急変することを懸念してきたが、段階的に凍結を進めるなどの対策を示したことで容認に転じた。2015年度中を目指してきた凍結完了は今秋以降にずれ込む。

凍土壁は1~4号機の建屋を囲むように全長1.5キロメートルにわたって土...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り377文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン