脂肪肝の発症抑制、マウスで成功 東北大

2017/1/15 20:43
保存
共有
印刷
その他

■東北大学 犬塚博之准教授らは肝硬変や肝臓がんの一因とされる脂肪肝の発症を抑える実験にマウスで成功した。肝臓で脂肪の消費を促すたんぱく質が分解されないようにする。脂肪肝の治療や予防につながる成果だ。

脂肪肝は暴飲暴食などが原因で肝臓に脂肪がたまる病気だ。進行すると、肝硬変や肝臓がんにつながる。

研究グループはマウスで特定の酵素を働かな…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]