がん患者、尿中物質の量に違い 日立など 新たな早期発見に道 - 日本経済新聞
/

がん患者、尿中物質の量に違い 日立など 新たな早期発見に道

日立製作所住友商事子会社の住商ファーマインターナショナル(東京・中央)は14日、がん患者の尿に含まれる脂質や糖などの量が健康な人とは異なることを突き止めたと発表した。がんを早期発見する尿検査の開発につながる成果で、今後、乳がんを対象に実用化を進める。

乳がんと大腸がんの患者各15人、健康な人15人の尿中に含まれるさまざまな物質の量を、微量な物質を精密に測定できる質量分析計という装置で細かく調べた。

尿には1300種類以上の物質が含まれるが、このうちがん患者と健康な人とで量が違う物質を約10種類つきとめた。尿中物質の量を測ることで、がんを早期発見できる可能性があることがわかった。

今後、乳がん患者200人以上の尿を取って臨床データと比較し、早期の乳がん患者の尿で変化している物質を明らかにする計画だ。

将来は自宅や検診などで尿を採り、検査センターなどに送って解析することで、乳がんの疑いがある患者を早期発見する検査システムの開発につなげる。

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません