/

原子力機構の被曝事故、5人全員が退院 通院で対応

量子科学技術研究開発機構の放射線医学総合研究所は13日、日本原子力研究開発機構・大洗研究開発センターで被曝した5人の作業員が全員退院したと発表した。5人は今後も通院し、検査結果などの説明を受ける。必要に応じて再治療する場合もあるという。

放医研は7日に5人を受け入れた。放射性物質を体の外に出す治療が終わり、健康状態に大きな変化がみられなかったことから、退院しても問題ないと判断したという。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン