/

この記事は会員限定です

AI、省エネ型へ新手法 日本IBMなど

[有料会員限定]

日本の企業や大学が計算量を減らして消費電力を抑える省エネ型の人工知能(AI)の実現に向け、研究を加速させている。日本IBMと東京大学、三菱電機はそれぞれ新たな手法を開発した。大型のコンピューターを使わずに済み、自動運転車や屋外の監視カメラなどにAIを組み込みやすくなる。日本企業が強い組み込みソフトの新技術として普及を目指す。

16日から京都市で始まるアジア最大規模のAI関連の国際会議「神経情報処...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り566文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン