2018年8月16日(木)

がん治療薬を体内で生成、副作用少なく
東大や筑波大

2016/8/13 13:35
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 がんの薬を体内で作り、治療効果を高める研究を東京大学や筑波大学のチームがそれぞれ始めた。強力な薬をそのまま体に入れると正常な細胞を傷つけかねない。これまでの発想を転換し、効き目の強い薬をがんのある場所で作り出して副作用を減らす。患部だけで薬を生産する「人体製薬工場」の新技術として、動物実験で原理を確かめた。国内で年間40万人近くが亡くなるがんとの闘いで、新たな治療戦略になりそうだ。

 東京大学の片…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報