/

この記事は会員限定です

がんの重粒子線治療装置開発へ協定締結 日立など

[有料会員限定]

日立製作所三菱電機東芝住友重機械工業と、がん治療を手掛ける量子科学技術研究開発機構(平野俊夫理事長)は13日午前、重粒子線を照射してがんを治療する先端医療装置を小型化する研究開発協定を締結した。体育館ほどの大きさの装置を一般病棟に設置できるよう小型化し、コストを下げる。1兆円ともいわれる潜在的な海外市場への展開を視野に、日本の技術を結集する。

がんの重粒子線治療は、放射線の一種である重粒子線を患部に集中的に照射し、がん細胞を死...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り356文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン