iPS移植、患者「見え方明るくなった」 手術チーム

2014/9/13付
保存
共有
印刷
その他

iPS細胞を使った世界初の移植手術から一夜明けた13日午前、手術を担当した先端医療振興財団(神戸市)の医師3人が記者会見した。手術を受けた兵庫県に住む70代の女性が「見え方が明るくなった」などと語ったことを明らかにした。問題は起きておらず、手術後の経過は順調だという。

手術は12日午後、失明のおそれもある目の難病「加齢黄斑変性」を患う女性に実施した。女性の皮膚細胞から作ったiPS細胞を目の網膜細…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]