/

iPS移植、患者「見え方明るくなった」 手術チーム

(更新)

iPS細胞を使った世界初の移植手術から一夜明けた13日午前、手術を担当した先端医療振興財団(神戸市)の医師3人が記者会見した。手術を受けた兵庫県に住む70代の女性が「見え方が明るくなった」などと語ったことを明らかにした。問題は起きておらず、手術後の経過は順調だという。

iPS細胞を使った治療で、手術後の経過について記者会見する先端医療センター病院の栗本眼科統括部長=右(13日午前、神戸市中央区)

手術は12日午後、失明のおそれもある目の難病「加齢黄斑変性」を患う女性に実施した。女性の皮膚細胞から作ったiPS細胞を目の網膜細胞に変え、シート状にしてから右目の奥に移植した。

医師らによると、今朝の診察の際に眼帯を取った女性は「医師の白衣が手術前よりも白く見える」と話したという。同財団先端医療センター病院の栗本康夫眼科統括部長は「慎重に考えないといけないが、移植した細胞の効果の可能性もありうる」と述べた。手術で病気の部分を取り除いた影響も考えられるため、今後詳しく調べる方針だ。視力自体の回復は1~2年たたないとわからないという。

今のところ、出血や網膜剥離といったトラブルは起きておらず、移植した細胞シートは適切な位置についているとみている。女性は朝食を食べて元気な様子で、栗本部長は「経過は非常に順調」と語った。1週間ほどで退院できる見通し。

今後、1年間は移植した細胞ががんにならないかなどを定期的に調べる。その後も検査する予定だ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン