COP21合意 「痛み」を成長に生かす発想不可欠

2015/12/13 9:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

テロのショックが冷めやらぬパリで12日夜(日本時間13日未明)、温暖化防止のための新しい国際的な枠組み「パリ協定」が採択された。日米欧などの先進国に加え、中国、インドなどの新興国や途上国を含む196カ国・地域が参加する歴史的合意だ。

人間活動で排出される温暖化ガスによる21世紀末までの世界の平均気温の上昇を、工業化前に比べ2度未満に抑える「2度目標」を明記し、さらに1.5度以内へ向けて努力すると…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]