/

この記事は会員限定です

快眠実現へ大学競う 東工大・早大、ベッドや照明で

[有料会員限定]

不眠や寝付きが悪い人の力になろうと大学が快眠技術の研究に相次ぎ乗り出した。東京工業大学は電車の揺れでうたた寝してしまう原理に目をつけ、眠りやすくするベッドを開発した。早稲田大学はオムロンヘルスケアと共同で照明の色と明るさを変えて眠りを誘う。いずれもさりげない工夫で本人は気づかない。睡眠の質の低下は仕事の効率を落とし、生活習慣病も招く。働く人の関心も高く、最新技術で克服を目指す。

眠れない人は多い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り828文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン