/

この記事は会員限定です

環境相、山口の石炭火力計画に異議 CO2削減重視

[有料会員限定]

望月義夫環境相は山口県宇部市で進行中の大型石炭火力発電所の建設計画について、環境影響評価(環境アセスメント)法に基づき、環境政策の観点から異議を唱える方針だ。二酸化炭素(CO2)の排出量が多い石炭火力は割安なため、東日本大震災以降、新設計画が相次いでいる。このままでは策定したばかりの温暖化ガスの削減目標達成は厳しいと考え、石炭火力の進め方に大幅な見直しを求める。

環境相は12日に「計画を是認しが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り917文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン