/

規制委、安全設備点検に重点 「使用前検査」の手順決定

原子力規制委員会は11日、原子力発電所の稼働前に現地で設備を確認する「使用前検査」の手順を決めた。多数ある設備の中で、原子炉の冷却など、とくに安全に直接かかわる設備を立ち会いや記録確認によって重点的に点検する。相対的に重要性の低い設備は抜き取りで検査する。品質管理の体制なども確認する。

使用前検査は原発再稼働の手続きの一環で、九州電力川内原発(鹿児島県)で今春にも始まる。2013年7月に原発の新規制基準を導入してから初のケースになる。期間は数カ月の見通しだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン