東大、最高速の連写カメラ 1秒間に1兆枚以上

2014/8/11付
保存
共有
印刷
その他

■東京大学 合田圭介教授らは慶応義塾大学と共同で、1秒間に1兆枚以上の画像を撮影できる世界最高速のカメラを開発した。一瞬の化学反応やレーザー加工の瞬間などの仕組みが詳しく分かり、技術の向上につながるという。従来の高速カメラは電子回路の制御でシャッターを切る仕組みで、1秒間に10億枚の撮影が限界だった。

研究チームは光でシャッターを切る光スイッチングという手法を使う近赤外線…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]