/

小保方氏に懲戒解雇相当の処分 STAP問題で理研

理化学研究所は10日、STAP細胞論文の不正問題を受け、論文の著者だった小保方晴子氏を懲戒解雇相当の処分とするなど関係者の処分を発表した。共著者の若山照彦氏を出勤停止相当、丹羽仁史氏を厳重注意とした。論文発表時に小保方氏が所属していた発生・再生科学総合研究センター(現多細胞システム形成研究センター)の竹市雅俊・元センター長は譴責(けんせき)とした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン