土壌のセシウム、黒雲母に吸着 東大など解明

2014/11/10付
保存
共有
印刷
その他

東京大学は10日、東京電力福島第1原子力発電所の事故で飛散した放射性セシウムは、土壌中の「黒雲母」という鉱物に吸着しているとの研究結果を発表した。セシウムが土壌に長くとどまっている様子がわかったのは今回が初めてという。汚染土壌の選別やセシウムの除去方法の開発に役立てる考えだ。

セシウムを吸着しているとみられるのは、黒雲母が風化した微粒子だ。福島県東部の森林や水田の地表部分の土壌には、花こう岩が崩れてできた風化黒雲母が大量に含まれている。

東大と日本原子力研究開発機構などは、放射性物質が降り注いだ福島県飯舘村の土壌を電子顕微鏡などで調べた。薄い層状になっている黒雲母の隙間にセシウムがはさまっていた。

研究チームは今後、黒雲母からセシウムを取り除く方法などの研究を進める。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]