/

生物多様性評価の政府間組織 日本にアジア地域の事務局設置

環境省は10日、生物多様性を科学的に評価する政府間組織のアジア・オセアニア地域の事務局を日本に設置すると発表した。専門家約100人が論文をもとに、同地域の生物多様性の現状や関連政策を評価する報告書を2018年までに作る予定で、そのための情報収集や連絡調整などを担う。

この組織は「生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学政策プラットフォーム(IPBES)」。事務局は公益財団法人・地球環境戦略研究機関の東京事務所に置く。

IPBESは世界4地域でそれぞれ報告書を作成し、19年に全体の報告書を完成させる予定だ。報告書は生物多様性に関する20年までの国際目標「愛知目標」に代わる新たな目標作りの基礎資料となる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン