/

東大、変形性関節症の進行抑制技術を開発

東京大学の位高啓史特任准教授らは関節の軟骨がすり減って痛みが起こる「変形性関節症」の進行を抑える技術を開発した。軟骨形成に関わるたんぱく質の合成を仲介するRNA(リボ核酸)を微粒子に入れ、関節に注射した。マウスを使った実験で効果を確かめた。数年後をめどに、臨床試験を始めたい考えだ。

多い変形性関節症は現在、ヒアルロン酸を投与して痛みを和らげたり手術で人工関節に置き換えたりしている。研究チームは軟骨形成や機能維持に関わるたんぱく質「RUNX1」に注目。たんぱく質合成時に働くRNAを作り、高分子でできた微粒子の中に入れた。これを病気のモデルマウスの膝に1カ月間注射した。軟骨形成が促され、症状進行を抑制できた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン