2019年8月25日(日)

青色LED「産学連携で用途拡大」 ノーベル賞の天野氏

2014/10/11付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2014年のノーベル物理学賞を受賞する名古屋大学の天野浩教授は10日、日本経済新聞社のインタビューに応じ「青色を発光する半導体材料はまだまだ発展する。産学連携で医療や産業利用を目指したい」などと研究の抱負を語った。

――何を評価されたと受け止めていますか。

「世界中の研究者が発光は絶対に無理だと考えていた窒化ガリウムという半導体に目をつけていた、共同受賞者の赤崎勇先生の研究室に飛び込み、あきらめ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。