/

「一緒でよかった」 ノーベル賞の天野・赤崎氏が会見

青色発光ダイオード(LED)の開発でノーベル物理学賞の受賞が決まった天野浩・名古屋大学教授(54)が10日午前、出張先のフランスから帰国した。中部国際空港で記者団に対し、「いまだ夢の中にいるような気がします」と笑顔で話した。

午前7時55分ごろ、天野教授が到着ロビーに姿を見せると、研究室の学生ら二十数人が拍手で出迎えた。「ノーベル賞受賞、おめでとうございます」と声をかけられ天野教授が歩み寄ると、抱きつく学生もいた。

天野教授はその後、名古屋大に移動し、午後から大学時代の恩師で同時受賞が決まった赤崎勇・名城大教授(85)とともに記者会見を開いた。両氏は受賞が決まってから初めての対面。天野教授は「(赤崎教授と会って)めちゃくちゃ緊張しました」と話した。赤崎教授は「天野君と一緒で本当によかった」と応じた。

天野教授は赤崎教授について「私にとってかけがえのない人」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン