/

この記事は会員限定です

「規制委も説明責任」「安全性の疑問的確」(専門家の見方)

[有料会員限定]

法政大学大学院の宮野広客員教授(システム安全) 福島第1原子力発電所の事故後、日本の原発では「深層防護」の発想に基づき、低い確率であっても設計上の想定を超える事故に備え、被害を拡大しないための対策を取り入れた。これは世界の安全規制の共通の概念だ。大津地裁の決定はこうした考えを十分に理解しているのか疑問だ。

原子力規制委員会の審査は客観的にみてかなり厳しい議論をしている。ただ、規制委も規制の基本的な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り570文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン