/

理研発見の113番元素、名称「ニホニウム」に

理化学研究所の森田浩介グループディレクター(九州大学教授)らが発見した113番元素の名称が「ニホニウム」になることがわかった。科学者で構成する国際純正・応用化学連合(IUPAC)が8日夜に発表する。アジアで命名された元素が周期表に掲載されるのは初めて。

同連合が一般への意見公募などを経て、年内にも正式決定する見込みだ。

新元素は森田グループディレクターらが2004年7月、30番の亜鉛の原子を83番のビスマス原子に衝突させて核融合させることでつくった。同連合は2015年12月に森田グループディレクターらを発見者と認定し、命名権を与えた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン