2018年12月17日(月)

テレビ会議で「握手」 阪大、互いに感触伝達

2015/3/9付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大阪大学の中西英之准教授らは人の腕そっくりのロボットハンドを備えた表示装置を開発した。遠くにいる人と画面越しに握手ができる。人の気配を伝えるベンチも作った。いずれもテレビ会議や遠隔医療で離れた地域を結んだときの違和感をなくす技術革新の一環。ネット社会で人の存在感の影響力が改めて見直されており、先端技術で円滑なコミュニケーションを助けたい考えだ。

表示装置は相手の上半身が映り、腕の先が画面の外で5…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報