/

この記事は会員限定です

ノーベル賞の中村氏 若者は海外で育てよ

好きな分野 学歴関係なし

[有料会員限定]

青色発光ダイオード(LED)の開発で2014年のノーベル物理学賞の受賞が決まった中村修二・米カリフォルニア大学教授は8日、日本経済新聞の単独取材に応じた。LEDの変換効率(電気が光に変わる割合)は「まだ50%程度だが、研究レベルでは70~80%まで来ている」ことを明らかにした。同100%の実現が目標で、4~5年内をメドに同95~96%の製品を出したいと意欲を見せた。日本の若手研究者には「学歴は関...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り826文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン