北朝鮮ミサイル、射程最大1万3000キロか 射程延長進む

2016/2/8 1:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北朝鮮は米本土まで到達する大陸間弾道ミサイル(ICBM)の実現が最終目標とされる。今回のミサイルは射程が最大1万3千キロメートルに達する推進力があるとみられる。専門家は「米東海岸まで届く性能を誇示する狙いがある」と指摘する。今後はICBMの実戦配備のハードルとされる大気圏への再突入に耐える技術などの開発動向に注視する必要がある。

中谷元・防衛相は7日記者会見し、北朝鮮が事実上の長距離弾道ミサイル…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]