/

この記事は会員限定です

ノーベル賞梶田氏、江崎氏と対談 「素粒子、先頭走る日本」

[有料会員限定]

2015年のノーベル賞の発表が5日に始まり、連日の日本人受賞に沸いた。物理学賞に決まった梶田隆章・東京大学宇宙線研究所所長が7日、江崎玲於奈・横浜薬科大学学長(1973年ノーベル物理学賞受賞)と対談。生理学・医学賞を受賞する大村智・北里大学特別栄誉教授も同日、インタビューに応じた。

――素粒子のニュートリノに質量があることを示す「ニュートリノ振動」で物理学賞を受賞したことをどうみますか。

江崎氏...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1657文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン