/

この記事は会員限定です

受賞者どんな人? 赤崎氏「一人荒野を行く」

[有料会員限定]

「一人荒野を行く」。ノーベル物理学賞を受賞する赤崎勇・名城大学教授の座右の銘だ。多くの研究者が窒化ガリウムを使った青色発光ダイオード(LED)の開発をあきらめる中、自らの信じる道を突き進んで、世の中を変える成果につながった。共同受賞する天野浩・名古屋大学教授や中村修二・米カリフォルニア大学教授にも共通する信念だろう。

鹿児島県出身の赤崎氏は小さいころから成績がよく責任感の強い子供だったという。旧...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り748文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン