ウナギ8種 南太平洋で大調査 日仏などの国際チーム
「ニホン」以外も生態解明

2016/2/6 12:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本やフランスなど6カ国・地域の共同研究チームは今夏から、南太平洋にすむニホンウナギを除く8種類のウナギについて大規模調査を実施する。かば焼きでおなじみのニホンウナギは生態が少しずつわかってきたが、他のウナギはほとんどが不明だ。産卵場所や回遊ルートを突き止め、ウナギの謎を解明するとともに資源保護にも役立てる。

調査は西太平洋でニホンウナギの産卵場を見つけた東京大学の大竹二雄教授や日本大学の塚本勝…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]