東大とNTT、AIで糖尿病患者の通院中断を推定

2017/2/5 18:50
保存
共有
印刷
その他

■東京大学 NTTと共同で人工知能(AI)を活用して自分の判断で通院をやめる糖尿病患者を推定するシステムを開発した。中断する人をAIで推測して治療を促し、病状の悪化を防ぐ狙いだ。

東大病院が保管する糖尿病患者879人分のカルテのデータなどを利用した。受診歴や来院する曜日、自宅から医療機関までの距離、患者の職種などのデータを匿名化させた上でAIに読み込ませた。

システムに患者の年齢や治…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]