/

JST、海外研究者招き共同研究 米予算削減視野に

科学技術振興機構(JST)は海外の有力研究者を国内に数カ月招いて、国際共同研究を促す事業を今年度から始める。国内の研究プロジェクトを活性化するとともに、研究費削減が予想される米国研究者などとの関係を築き、さらなる長期滞在につなげる狙いだ。

新事業は欧米や中国など21カ国の研究機関から約80人の研究者を受け入れる予定だ。JSTの研究プロジェクトに参加してもらう。JSTは渡航費や滞在費、給与、研究費などに1人当たり100万~500万円を提供する。予算は約2億円を見込む。

トランプ米政権は科学技術関係の予算を削減する方針を示している。優秀な研究者でも研究費の確保が難しくなる事態が予想されている。JSTの浜口道成理事長は「米国の研究者の流動性が高まっている。日本に呼び込むかつてないチャンス」と分析し、理事長の裁量経費を使って新事業を始めることを決めたという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン