2019年3月25日(月)

エボラウイルス、見えてきた正体 感染力は従来並み
早期治療で致死率低下

2014/11/4付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

西アフリカで感染の拡大が続くエボラ出血熱で、病気を引き起こすエボラウイルスの正体が少しずつ明らかになりつつある。感染力などウイルスの性質は従来と変わらないが、患者の年齢や治療の状況などによって違うことが分かってきた。感染力が今後高まることは考えにくく、患者の隔離などで接触感染のリスクを下げれば、流行は収束できると専門家はみている。

変異の証拠なく

エボラウイルスは約1マイクロ(マイクロは100万…

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報