/

この記事は会員限定です

エボラウイルス、見えてきた正体 感染力は従来並み

早期治療で致死率低下

[有料会員限定]

西アフリカで感染の拡大が続くエボラ出血熱で、病気を引き起こすエボラウイルスの正体が少しずつ明らかになりつつある。感染力などウイルスの性質は従来と変わらないが、患者の年齢や治療の状況などによって違うことが分かってきた。感染力が今後高まることは考えにくく、患者の隔離などで接触感染のリスクを下げれば、流行は収束できると専門家はみている。

変異の証拠なく

エボラウイルスは約1マイクロ(マイクロは100万分...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1065文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン