/

この記事は会員限定です

探知犬使いがん検診 日本医科大など試験導入へ

[有料会員限定]

千葉県香取市と日本医科大学の宮下正夫教授らは今秋にも、がん探知犬を使ったがん検診を試験的に導入する。探知犬は、がん患者の尿のにおいをかぎ分けるように特別に訓練された犬。香取市はがん検診を受ける人のうち希望者に探知犬による検診も実施し、患者を早期発見できるかどうか検証する。

がん患者の尿には、健常者とは違う特有のにおいがあるとされる。人間にはわからないが、嗅覚に優れた犬に適切な訓練を施せば、警察犬が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り363文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン