/

この記事は会員限定です

十分な塩味演出 歯の裏にチップ 慶大開発、塩分削減

[有料会員限定]

慶応義塾大学の三木則尚教授らは舌先に塩味を感じさせる微小チップを開発した。食塩3~4粒に当たるごくわずかな塩分で舌を刺激し、十分な塩味を味わった感覚にさせる。安全な高分子で作り、口の中で自然に溶ける。前歯の裏に貼り付けて食事をすると、料理の塩分を10分の1以下に減らしてもおいしさを損なわないという。

事業化のため、学生らとLTaste(川崎市、東和彦社長)を設立した。病院や社員食堂向けに年内の販売...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り525文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン