/

この記事は会員限定です

内需株、吹き飛ぶ楽観論 中国株安、訪日客消費に影

証券部 荻野卓也

[有料会員限定]

29日の日経平均株価は今年最大の下げとなった。ギリシャ債務交渉の決裂に、中国株の急落が追い打ちをかけた。海外の売り材料だけに輸出株の下落はわかるが、内需株にも強い逆風になった。下げが目立ったのは小売株やメガバンク株だ。特に小売株は中国株安がインバウンド消費を冷え込ませるとの警戒感が強まった。内需株は6月の相場上昇を演出しただけに、当面はリード役を失いかねないとの見方が出ている。

この日は朝方から売...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1008文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン