/

日銀総裁、物価上昇2%超「極めて強い約束」

全国証券大会であいさつする日銀の黒田総裁(29日、東京・大手町)=共同

日銀の黒田東彦総裁は29日、都内で開かれた全国証券大会であいさつし、物価が安定的に前年比2%超となるまで金融緩和を続ける政策について「極めて強いコミットメント(約束)」と強調した。長期的な金融緩和で人々の物価上昇期待を高める決意を示した。

黒田総裁は、日本経済の持続的な成長には金融システムが安全性を保ちながら企業や家計の経済活動を支援する機能が重要だとの考えを示した。

「金融資本市場を通じたマネーの仲介機能を果たす証券会社への期待はますます高まっていく」と語った。

日銀は21日の決定会合で、金融緩和が長期戦となるのをにらみ、資金供給量の拡大から金利操作を中心とする枠組みへと変更した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン