2019年8月22日(木)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,615.68 -2.89
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
20,580 +10

[PR]

主要金融ニュース

フォローする

日銀総裁、緩和の副作用に言及? 都内で講演

2017/5/27 22:13
保存
共有
印刷
その他

日銀の黒田東彦総裁が27日、日銀による国債など資産の大量購入で市場に影響を与えている可能性に言及した。同日の都内での講演で、市場での中央銀行の存在感が格段に増したとしたうえで、市場の価格形成の分析に「新たな課題をもたらしている」と語った。金融政策の副作用を問う声を念頭においたものとみられる。

日本金融学会で講演する日銀の黒田東彦総裁(27日、東京都新宿区の早稲田大学)

日本金融学会で講演する日銀の黒田東彦総裁(27日、東京都新宿区の早稲田大学)

日銀は大規模な金融緩和政策で長期国債や社債など様々な資産を大量に購入してきた。金融政策が市場のありようをゆがめていると指摘する声がある。黒田氏の発言はこうした点を意識したものとみられ、中銀の政策と市場の価格形成について「今後研究を深めていく必要がある」とした。

また金融市場の動向が消費者や経営者のマインドに影響を与え、「結果的に経済の振幅を大きくしてしまう可能性がある」とも指摘。政策当局者として「金融市場と実体経済の相互作用を把握することが極めて重要だ」と強調した。

黒田氏は異次元緩和が金融市場の安定や景気回復に「大きな効果を発揮したことは間違いない」と自信を示した。

早稲田大学で開催されている日本金融学会の春季大会で講演した。黒田総裁が講演するのは、2013年以来4年ぶり。

主要金融ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。