/

日銀総裁、緩和の副作用に言及? 都内で講演

日銀の黒田東彦総裁が27日、日銀による国債など資産の大量購入で市場に影響を与えている可能性に言及した。同日の都内での講演で、市場での中央銀行の存在感が格段に増したとしたうえで、市場の価格形成の分析に「新たな課題をもたらしている」と語った。金融政策の副作用を問う声を念頭においたものとみられる。

日本金融学会で講演する日銀の黒田東彦総裁(27日、東京都新宿区の早稲田大学)

日銀は大規模な金融緩和政策で長期国債や社債など様々な資産を大量に購入してきた。金融政策が市場のありようをゆがめていると指摘する声がある。黒田氏の発言はこうした点を意識したものとみられ、中銀の政策と市場の価格形成について「今後研究を深めていく必要がある」とした。

また金融市場の動向が消費者や経営者のマインドに影響を与え、「結果的に経済の振幅を大きくしてしまう可能性がある」とも指摘。政策当局者として「金融市場と実体経済の相互作用を把握することが極めて重要だ」と強調した。

黒田氏は異次元緩和が金融市場の安定や景気回復に「大きな効果を発揮したことは間違いない」と自信を示した。

早稲田大学で開催されている日本金融学会の春季大会で講演した。黒田総裁が講演するのは、2013年以来4年ぶり。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン