円、7年10カ月ぶり安値 1ドル=122円台前半

2015/5/26付
保存
共有
印刷
その他

26日午後の東京外国為替市場で円相場は7年10カ月ぶり水準まで下落した。15時すぎに一時1ドル=122円台前半と3月に付けた年初来安値を下回り、2007年7月以来の円安・ドル高水準を付けた。122円付近にあった損失限定の円売り・ドル買い注文を巻き込み、下げ幅を広げている。

米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長やフィッシャー副議長が相次いで年内利上げに向けて前向きな姿勢を示したことで、ドルが全面高の展開となった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]