日銀、物価判断に新指標 生鮮食品だけでなくエネルギーも除く

2015/7/18付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日銀は消費者物価指数(CPI)の基調を把握するため、新しい指標に着目し始めた。金融政策の目標に置く生鮮食品を除いた指数から、昨夏以降の原油安の影響が残るエネルギーも除いたもので、1~2月を底に上昇幅が拡大している。加工食品やサービスの値上げなど足元の物価動向を確認する狙いだ。

新指標は7月から日銀の金融経済月報に掲載を始めた。米連邦準備理事会(FRB)が重視する食品とエネルギーを除いた指数と異な…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]