/

この記事は会員限定です

NY原油、一時34ドル台 米利上げ控えマネー収縮警戒

[有料会員限定]

14日のニューヨーク市場で指標の原油価格が下げ、一時1バレル34ドル台に突入した。原油の供給過剰感が解消されず、ファンドなどの売りが止まらないためだ。同日の日経平均株価は大幅反落し、ほぼ1カ月半ぶりに1万9000円を割った。利上げを決断するとされる米連邦公開市場委員会(FOMC)が間近となり、投資家はリスク資産を手放す姿勢を強めている。

「強材料がなく、ファンド主導で下値を試している」。原油下落に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1021文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン