/

金融取社長「ビットコインに興味」 活用の可能性示唆

東京金融取引所の太田省三社長は14日の記者会見で、金融とIT(情報技術)を融合したフィンテックの活用について「ビットコインに興味がある」と話した。将来の選択肢として同取引所でビットコインを扱ったり、既存の上場商品の証拠金としてビットコインを活用する可能性を示唆した。同社は6月にフィンテックの活用に向けた専門部署を設置し、幅広く検討を進めている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン