/

円、一時101円台に突入 大統領選で乱高下

9日の東京外国為替市場で円相場が正午すぎに一時、1ドル=101円台に突入した。米大統領選の開票が進み、選挙結果を左右するとみられている大票田のフロリダ州などでトランプ候補の優勢が伝わり、先行きが見通しにくくなっている。ヘッジファンドなどによるリスク回避の円買い・ドル売りが加速した。円は105円台半ばを付けた午前10時すぎから、わずか2時間で3円以上も急騰。101円台を付けるのは10月上旬以来、約1カ月ぶりになる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン