/

この記事は会員限定です

企業物価見通し、マイナス金利・原油復調でも低下

[有料会員限定]

企業の物価見通しが慎重さを増している。日銀マイナス金利政策による緩和策を打つ一方、物価に影響を与える国際原油相場も反転。2月の1バレル20ドル台から足元では50ドル程度に上昇している。こうした好材料がありながら企業のインフレ期待はほとんどみられない。むしろ慎重さには拍車がかかっているといっていい。

原油相場は中国経済の減速懸念などから2月にかけて急落。その後は中国経済への懸念がひとまず落ち着く流れと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り510文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン