2018年7月18日(水)

7/18 15:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 本田圭佑氏「金融の慣習にとらわれないファンドに」[有料会員限定]
  2. 2位: 円独歩安113円台 関心は再び金利差に[有料会員限定]
  3. 3位: ABCマート、脱スニーカーで目指す成長復活[有料会員限定]
  4. 4位: サッカーの本田選手がVBファンド設立、米俳優W・スミス氏と110億円規模[有料会員限定]
  5. 5位: 不安と楽観 米中貿易戦争、株のプロ30人が読む[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,572,868億円
  • 東証2部 98,688億円
  • ジャスダック 103,495億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.32倍 --
株価収益率14.59倍15.05倍
株式益回り6.84%6.64%
配当利回り1.66% 1.70%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,794.19 +96.83
日経平均先物(円)
大取,18/09月 ※
22,800 +80

[PR]

国内株概況

アベノミクスに市場の目厳しく 海外勢が日本株離れ

2016/4/1 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 2015年度の金融・資本市場は円高・株安となり、株高をテコに景気回復を目指す「アベノミクス相場」にブレーキがかかった。経済・金融政策の息切れ感が強まり、年度前半は日本株の買い手だった外国人投資家が売りに転じた。世界景気の回復シナリオが見えにくいなかで「日本の成長戦略を練り直す必要がある」との声が市場に出ている。

 15年度のアベノミクス相場の失速は株式市場での個別銘柄の値動きでも見てとれる。外国人…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

新着記事一覧

読まれたコラム