/

東電、経常益71%増の2428億円 4~9月

東京電力が31日発表した2014年4~9月期の連結決算は、経常利益が前年同期比71%増の2428億円だった。2年連続で1000億円を超える経常黒字を確保した。東電は再建計画で今年7月に柏崎刈羽原発(新潟県)の再稼働を見込んでいたが、実現していない。収支計画が狂う中、発電所工事の繰り延べや、人件費や資材費の削減を進めて、火力の燃料費高止まりを補った。

15年3月期通期の業績については、柏崎刈羽原発の再稼働時期が見通しにくいことや、足元で取り組むコスト削減深掘りの効果が確定しないとして、利益予想を示さなかった。東電は、原発再稼働の遅れによる収益悪化をコスト削減で補いきれない場合は、今年末に電気料金を再び引き上げるかどうかを判断するとしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン