/

スカイマーク「先行きに問題」 決算短信に注記

スカイマークは31日、経営の先行きをめぐり問題があることを示す「継続企業の前提に関する注記(ゴーイング・コンサーン)」を付けた。2014年4~6月期の単独決算短信で開示した。格安航空会社(LCC)との競争で業績が低迷。加えて、このほど超大型旅客機「A380」の契約解除を巡ってメーカーの欧州エアバスから多額の違約金支払いを求められており、「相当額を負担せざるを得ない可能性がある」としている。

同日、発表した14年4~6月期単独決算は最終損益が57億円の赤字(前年同期は12億円の赤字)だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン