「森見ず木見る」が正解 銘柄選別が報われる相場
証券部 川崎健

(1/2ページ)
2014/8/1付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

31日の日経平均株価は5日ぶりに反落し、前日比25円安で取引を終了した。株価指数だけを見ていると膠着相場はなかなか崩れそうにないが、個別株に目を移せば見える風景も変わってくる。企業の4~6月期決算発表も本格化し、株価が業績に素直に反応する相場展開が強まっているのだ。投資家は、動かない森を見て嘆くより、動く木々を見てしたたかに動き始めた。

「久々に出てきたな」。日本株シェアが高いある大手証券のトレ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]